■田舎のホームページ制作

小さな会社だからこその「小回り」と「きめの細かさ」が特徴です。

この風景に一目ぼれ-min.JPG

田舎の情報発信ってどうしたら良いの?というお悩みに、豊富な経験と情熱でお応えします。

弊社では、ホームページの企画から制作までを一貫して行っています。中間業者が入らない分、お値打ちな設計が可能です。

​お店をみんなに知ってもらいたいけれど、あまりにもたくさんのお客様が来ても困る・・・。こんな田舎特有の悩みも理解しています。

momosakura.JPG

​いなかだから代表の江坂は、都会の情報発信と田舎の情報発信を双方経験しています。何十万人を来客するための都会の情報発信と、席数10席の田舎のカフェの情報発信では、その方法が全く異なります。

都会と田舎の情報発信を双方経験したからこそ、弊社では「現場感」を最も大切にしいます。

予算が10万円しか出せないけれど、ホームページを持ちたい。

そんなご相談もお待ちしております。

 制作実績 

※50社以上あり。8社分を厳選して掲載しております。​

 

 制作費について 

基本は、制作時間×@3,000円の明瞭価格です。

​■価格の例

​全6ページのホームページ制作で60時間を要した場合・・・

制作時間「60時間」×@3,000円=180,000円+税

※訪問については、片道60分以上の場合は交通費(1時間あたり1,500円)を請求させていただきます。

​■何で@3,000円なのか?

弊社のように自宅事務所かつ社員もいない個人事業の「持続可能な最低価格」になります。

仕事の出来が良かった場合は、ご好意により@5,000円や@10,000円にしていただくと、弊社の持続可能性が大幅にアップします。

そして、社員を雇いたいという夢が叶います。

​■ホームページの価格って、わかりにくくないですか??

ホームページ制作を生業にする弊社が言うのもなんですが・・・、世の中のホームページの価格ってわかりにくいですよね(笑)?

1ページあたりいくらで、初期費用いくらで、月額いくらで、追加更新の場合は・・・などなど。

本当にわかりにくくなっていますねよね(笑)

ですが、これだけは言えることがあります。初期費用がいくらであろうと「通算コスト」を見てみましょうということです。

​■(他社の事例)初期費用は安くとも、通算すると・・・

例えば、30万円一括の契約(追加費用は発生しない)と、初期費用10万円で月額2万円の費用負担が発生する契約では、一年契約した場合、どちらが通算コストが安いでしょうか?

答えは「30万円一括の契約」です。初期費用10万円で月額2万円の契約の場合は、初期費用こそ安いものの一年を通したコストは「34万円(初期費用10万円+24万円の月額費用)」になります。

だいたいのホームページ制作会社が、初期費用で安く提示し、月額費用で毎月の安定収益を求める。これが、我々制作会社が生きる道でもあります。

どちらがどうということはないですが、弊社ではわかりやすく「制作時間×@3,000円」の価格を設定しています。

基本的には、弊社では月額契約はいたしませんので、更新や追加ページの制作などは「その都度払い」になります。

その場合も「制作時間×@3,000円」の価格設定になります。

​ お仕事依頼にあたって 

​田舎の情報発信なら、いなかだからにお任せください!

​*いなかだからに仕事を依頼するメリット

この風景に一目ぼれ-min.JPG

​田舎の情報発信の専門家です。

​「関市地域おこし協力隊」×「広告代理店勤務経験」の経歴を活かし、田舎の情報発信の専門家として活動しています。

「地方に人を呼びたいけれど、どのように情報発信したら良いの?」「うちの地域には何もないけれど、何か目玉になるものを開発したい」こんな悩みや要望を解決します。

sdg_poster_ja.png

SDGsを探究するクリエイターです。

​いなかだから代表の江坂侑は、3つのSDGsカードゲームの公認ファシリテーター資格を取得しています。

田舎暮らしを実践しながら、日々「SDGs」と「地域おこし」を探究しています。持続可能な地域づくりを、いなかだからが共創します。

IMG_8982-min.JPG

​Face to Faceのこだわり。地域と伴走します。

オンライン化がすすむ昨今ですが、顔と顔をつけ合わせてお話することを大切にしています。

​情報発信には、必ず「すべきタイミング」が存在します。そのタイミングに合わせながら、地域と伴走していきます。